スポンサーサイト

  • 2014.01.21 Tuesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    汗などといった水分(常圧乾燥法、減圧乾燥

    • 2014.01.21 Tuesday
    • 21:53
    ワキのムダ毛を脱毛テープで脱毛するのは、なかなか勇気がいるようです。

    粘着力の強い脱毛テープをワキの下に貼り、一気にはがすのですので、かなりの痛みを伴いらっしゃるかもしれませんね。

    それに、汗などといった水分(常圧乾燥法、減圧乾燥、カール・フィッシャー滴定法などの測定法が知られています)を拭き取り、隙間ができないようにぴったりと脱毛テープ(今は色々な種類のものが出ています。可愛らしい柄や絵の入ったものを使えね、プレゼントのラッピングなども引き立ちますね)を貼るのも、脚や腕とは畭なりやりにくいとなります。

    ワキの毛があまりに剛毛だとうまく抜けないこともありますし、脱毛テープ(塗装をする時に使うと、はみ出さずに上手に塗れます)をはがしたところが赤くなってしまうこともあります。

    埋没毛が出来てしまったり、毛穴が盛り上がって鳥肌のようになる方もいるみたいですよ。

    また、あるていどの長さが無かったら抜けづらいので、常にツルツルのムダ毛のないワキをキープしたいという人には不向きなんですね。

    ただ、一度処理するとしばらくはムダ毛が生えてきませんし、ごそっと抜ける感じがたまらないという愛用者もいるはずです。

    絶対に全部の方に合う方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)ではないのですが、痛みに強い方なら一度試してもいいかも知れません。

    脱毛テープ(昔は音楽や画像を録るのに使ったものですが、最近はデジタルが主流になっていますよね)を貼って、はがしてくれる方が身近にいれば、手軽でいい方法(事前に調べることで失敗の確率を減らせることもあると思います)のですね。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM